成功するには「素直」であることが重要らしい

何でもかんでも疑ったり否定から入る人っていますよね。

 

「ココはこうしたらいいよ」とか「ココはこうじゃなくてこっちの方は上手くいくよ」とか親切に教えているのに、何故だかいうことを聞かず自分勝手に動いてしまう人。

 

僕の周りには実に多いんです。

 

で、こういう人たちに共通することって何かというと、大抵やらかした後に「失敗しました」とか「教えてください」って言いにくるんですよね。

 

しかし一方で、何かをやる前に「ココどうやればいいんですか?」と素直に聞いて、その後も教えた通りに行動する人もいたりします。

 

こういう人に共通することっていうのはやっぱり、何をさせても大抵上手くやることなんですよね。

 

では、上で挙げたこの2人を比べた時、果たしてどちらがより人生レベルでの成功を収められる確率が高いと思いますか?

 

言うまでもなく、後者「素直に聞いて動ける人」ですよね。

 

成功者と呼ばれる人たちには、多くの共通する習慣やら思考やらがあることは、巷の自己啓発やビジネス書に多分に書かれていると思います。

 

そしてそんな成功者の共通点の中には上でお話しした「素直さ」と言うものも含まれているんですよね。

 

 

素直な成功者?

成功者というと、イコールお金持ちを連想すると思います。

 

お金持ち=実業家、実業家=トランプ(大統領)といったような連想をする人もいるんじゃないかなと思います。

 

こう考えると、「トランプ(大統領)=素直な心の持ち主」という等式が出来上がってしまうので、なんとなく???な気持ちになりますが。

 

しかし、(トランプさんが実際そうなのかどうかはさて置き)世の中で成功しているいわゆる成功者には素直で実直な人が多いんだそうです。

 

 

素直さが成功に結びつくわけ

ではなぜ成功者には、素直な人が多いと言われているんでしょうか。

 

その答えは、実は結構シンプルなものだったりするんですよね。

 

それというのも、素直ということは聞いてから行動に移すまでの時間が短くからなんです。

 

要は素直な人というのは、ずば抜けて「行動に移すスピードが早い」ということなんですね。

 

仮にこの記事の初めに書いた、偏屈で人の話を聞かない人間に成功者のノウハウを伝授したとすると、まずまともに話を聞こうとなんてしませんよね。

 

つまり、この時点でこの偏屈人間は成功するための道を自分から捨ててしまったということなんです。

 

と、話を元に戻しますが、素直な人間と偏屈な人間では、仮に同じ行動を起こすにしてもそのスピードには圧倒的な差が生まれてしまうんです。

 

 

成功の鍵は、「素直に」行動し”続ける”こと

素直に行動することで成功できる、こう書くとなんだか簡単すぎるような気がしますが、しかし実際は全く簡単なことではありません。

 

例えば、1日1記事書いて投稿するだけでブログは大きな力を持つ、これはある意味真理みたいなものだと言えます。

 

しかし、実際そう言われてブログを始めて果たしてどれだけの人が1年間ブログを書き続けられるんでしょうか。

 

1日たった1記事書けばいいだけですよ。

 

でも、こういっても実際ブログを真面目に1年間続けられる人というのは本当にごく少数なんですね。

 

「素直に」行動し続ける、成功したいならば成功者の教えることを「素直に」聞き入れ、それを「素直に」やり続けなければならないんです。

 

成功するためにすべきことはある意味これだけなんですね。