アフィリエイトでもブログでも、結局「量」をこなさないと上達しない

小さく始めなさい、小さく続けなさい、こういう言葉は行動の習慣化であったり細く長く取り組む事柄には適した方法ではあると思いますが、目標達成、特に期限を決めた目標達成の場合にはほとんど使えない方法なんではないかと思います。

 

これは設定した目標の難易度や取り組む人間の熟練度にもよるのかもしれませんが、例えば全くのアフィリエイト初心者が「アフィリエイトで〇〇月までに××万円稼ぐ」みたいな目標を立てる場合のことを考えてみましょう。

 

この場合そのアフィリエイト初心者は、何もアフィリエイトについての稼ぐためのスキルを身につけていないわけですから、まず最優先で取り組まなければいけないことは「必要なスキルを知ること」と「スキルを習得すること」になりますよね。

 

でも、必要なスキルを知ることは簡単にできても、スキルの習得というはある程度の場数を踏まないとなかなか難しいと思うんです。

 

アフィリエイトで例えるならば、広告を意識した記事の書き方などがそれに当たると思います。

 

アフィリエイト記事を書く場合、ただただ日々の起こった出来事や考えたこと・感じたことをそのまま記事にしていてはいけません。

 

トラブルが起こったならそのトラブルから、考えたこと・感じたことがあったならその思考の中から、広告に繋げられるようなネタの展開の仕方を考えて記事にしていかないといけないわけです。

 

仮に、そんな作業(書くネタを広告につなげる思考作業)を週に1回しかしなかった場合、 果たして例のアフィリエイト初心者は目標の「〇〇月までに××万円稼ぐ」を達成できるんでしょうか。

 

一方で、そんな作業を毎日1回ずつした場合はどうでしょう。

 

つまり、毎日1記事を基本のペースに、毎日確実に1回「書くネタを広告につなげる思考作業」を続けていった場合はどうでしょう。

 

これなら、先の例の週1記事よりもこなす回数、つまり場数を7倍にも増やすことができるようになるので、スキルの習得にかかるスピードは極めて短く済ませられるようになると思いませんか。

 

サッカーのドリブルにせよ、英会話の発音にせよ、パソコンのブラインドタッチにせよ、たった1回や2回で習得できるスキルはありません。

 

スキルを習得したければ、特に達成すべき目標の期日が決まっていて短期間のうちにそれらを習得しなければいけないなら、結局は短期間のうちに多くの場数を踏む以外に方法はないんだと思います。

 

ブログ更新にしたってそうです。

 

僕はアフィリエイトで稼ぎたいから、記事作成の練習を兼ねてこのブログを始めたわけですが、しかしこのブログだって週1回しか更新しなければ、ほとんど意味がないものになってしまいます。

 

ブログの記事作成も先の例と同じように、場数を踏まないと上達しないものですからね。

 

なので、もしこの記事を読んでいるあなたが、何かしらのスキルを習得しないといけない立場にいるのなら、必要なスキルと正しい習得方法を知った上で、できるだけ多くの場数をできるだけ短い期間で踏んでいくようにしてください。

 

小さく始めることも、小さく続けることも決して悪いことではありませんが、明確な目標とそれへの期限が決まっているのなら、まずはこなすべき数に目を向けどうこなすか考えてみてください。

 

量をこなすというと、なんとなく根性論っぽくなってしまいますが、スキルの習得や上達には確実に「量」が必要になります。