アフィリエイト実践日記2018年1月19日

あ〜、そう言えばもう19日なんですね〜。

 

第3週目の目標は「悩みのデータ分析」というふうに決めていましたが、今日を含めあと3日で終わるのかちょっと不安になってきました。

 

だってですね。実は今日は3日前とはまた別件で、1日家を開けないといけなくなってしまってるんですよ。

 

まあ仮にその別件をできるだけ早く終わらせて帰ってこられればいいだけの話なんですが、まあそう考えても今日中に全部やりきるってことはできないと思うんですよね。

 

ホント、どうしましょうか。

 

しかも、これは「場数をこなしていないから」なのかもしれませんが、まだ悩み分析の効率的な方法や何を中心に悩みを見ていけばいいのかっていうことが、全く掴めていないんです。

 

あと3日、最低でも悩み文の全てに目を通すくらいのことはして次の作業ステップには移りたいな、とは思います。

 

ということで、以下「目標設定&評価&まとめ」です。

 

 

今年の目標

2018年12月31日までにアフィリエイトで月30万円を安定して稼ぐ

 

 

今日の目標

悩みのデータの50件を読み切る

 

 

目標への評価

読み進めた 

 

 

まとめ

も〜眠たい。

 

すみません、今日はまとめ記事も何もできませんでした。

 

まあ僕個人のことなのでこの記事をお読みの皆さんには関係ないことですが、今日はいろいろなことがありまして、まあホントに疲れたんですよね。

 

ということで今日はすみませんが、ここまでです。

 

ちなみにですが、今日から数日間から約10日ほどは、僕自身も結構いろいろなところに出かけないといけない期間になりそうです。

 

なので、その期間に関しては、この実践日記を除くまとめ記事や考察記事は書けなくなるかもしれませんので、予めご了承くださいませ。

 

ではでは^^

成功するには「素直」であることが重要らしい

何でもかんでも疑ったり否定から入る人っていますよね。

 

「ココはこうしたらいいよ」とか「ココはこうじゃなくてこっちの方は上手くいくよ」とか親切に教えているのに、何故だかいうことを聞かず自分勝手に動いてしまう人。

 

僕の周りには実に多いんです。

 

で、こういう人たちに共通することって何かというと、大抵やらかした後に「失敗しました」とか「教えてください」って言いにくるんですよね。

 

しかし一方で、何かをやる前に「ココどうやればいいんですか?」と素直に聞いて、その後も教えた通りに行動する人もいたりします。

 

こういう人に共通することっていうのはやっぱり、何をさせても大抵上手くやることなんですよね。

 

では、上で挙げたこの2人を比べた時、果たしてどちらがより人生レベルでの成功を収められる確率が高いと思いますか?

 

言うまでもなく、後者「素直に聞いて動ける人」ですよね。

 

成功者と呼ばれる人たちには、多くの共通する習慣やら思考やらがあることは、巷の自己啓発やビジネス書に多分に書かれていると思います。

 

そしてそんな成功者の共通点の中には上でお話しした「素直さ」と言うものも含まれているんですよね。

 

 

素直な成功者?

成功者というと、イコールお金持ちを連想すると思います。

 

お金持ち=実業家、実業家=トランプ(大統領)といったような連想をする人もいるんじゃないかなと思います。

 

こう考えると、「トランプ(大統領)=素直な心の持ち主」という等式が出来上がってしまうので、なんとなく???な気持ちになりますが。

 

しかし、(トランプさんが実際そうなのかどうかはさて置き)世の中で成功しているいわゆる成功者には素直で実直な人が多いんだそうです。

 

 

素直さが成功に結びつくわけ

ではなぜ成功者には、素直な人が多いと言われているんでしょうか。

 

その答えは、実は結構シンプルなものだったりするんですよね。

 

それというのも、素直ということは聞いてから行動に移すまでの時間が短くからなんです。

 

要は素直な人というのは、ずば抜けて「行動に移すスピードが早い」ということなんですね。

 

仮にこの記事の初めに書いた、偏屈で人の話を聞かない人間に成功者のノウハウを伝授したとすると、まずまともに話を聞こうとなんてしませんよね。

 

つまり、この時点でこの偏屈人間は成功するための道を自分から捨ててしまったということなんです。

 

と、話を元に戻しますが、素直な人間と偏屈な人間では、仮に同じ行動を起こすにしてもそのスピードには圧倒的な差が生まれてしまうんです。

 

 

成功の鍵は、「素直に」行動し”続ける”こと

素直に行動することで成功できる、こう書くとなんだか簡単すぎるような気がしますが、しかし実際は全く簡単なことではありません。

 

例えば、1日1記事書いて投稿するだけでブログは大きな力を持つ、これはある意味真理みたいなものだと言えます。

 

しかし、実際そう言われてブログを始めて果たしてどれだけの人が1年間ブログを書き続けられるんでしょうか。

 

1日たった1記事書けばいいだけですよ。

 

でも、こういっても実際ブログを真面目に1年間続けられる人というのは本当にごく少数なんですね。

 

「素直に」行動し続ける、成功したいならば成功者の教えることを「素直に」聞き入れ、それを「素直に」やり続けなければならないんです。

 

成功するためにすべきことはある意味これだけなんですね。

アフィリエイト実践日記2018年1月18日

前にもこんなことを書いたことがあったような気がするんですが、目標って毎日繰り返し見たり書いたりすることで、その目標自体が潜在意識に刷り込まれて実現しやすくなるっていうじゃないですか。

 

で、今僕はその考え?理論?をある意味ブログ日記を使って実践しているわけなんですけど、そこで1つ気になることが出てきたんですよね。

 

それというのが、

 

目標は、1日1回書くだけで良いのか

 

ということです。

 

僕は毎日、このアフィリエイト実践日記を使って「今年の目標」と題して目標を書き込んでるじゃないですか。

 

でも、よくよく考えると、その後の1日間って今年の目標というよりもその日成すべき目標ばっかり見ているような気がするんですよね。

 

目標は毎日書いたほうがいいや、見たほうがいいというのは実践者の声の数からしても正しいのでしょうけど、果たしてその頻度は本当に1日1回でいいのか、ここ1日2日考えていました。

 

ということで、「静かな不安」から始まったアフィリエイト実践日記ですが、今日も変わらず「目標設定&評価&まとめ」書いていこうと思います^^

 

 

今年の目標

2018年12月31日までにアフィリエイトで月30万円を安定して稼ぐ

 

 

今日の目標

悩み分析を進める(目標30件くらい)

 

 

目標への評価

読んだ。

 

 

まとめ

もうちょっとマシな評価へのコメントはないのか?と思われるかもしれませんが、はっきり言います。

 

あ、り、ま、せ、ん!

 

いや、嘘ですよ。

 

書こうと思えば書けますよ。

 

でもまあ、この「まとめ」の部分でネタにできますし、もう一ついうなら、具体的な評価とか反省についてもこっちに書けますから、わざわざ評価の欄に書かなくてもいいんですよね。

 

「じゃあ評価の欄消せよ!」とか言われそうですが、まあいいじゃないですか。

 

こっちの方がなんとなく落ち着くんですよ。

 

というこうとで、今日はすみません。

 

実を言うと今現在、めちゃくちゃ眠たいんですよね。

 

なので寝ます。

 

ごめんなさい。

 

それと、今日書いた記事は以下いつもみたいにリンクを貼っておきますので、興味のある方は読んでみてください。

 

ちなみに、今回書いた記事は昨日の「メッセージ性」に習って、僕なりにテーマを絞って書いたつもりなので、その辺りも意識して読んでみてください。

 

それでは、バ〜イ

 

ac-01.hatenablog.com

 

何が言いたいのか、伝えたいのか。メッセージがはっきりしない記事は読まれない

「目的のない文章は書くな!メッセージをはっきりさせることの重要性を語る」

 

さて、上の「」の一文を読んであなたはどう思いましたか?

 

「確かに!」

「へ〜…」

「だから何?」etc

 

まあ色々な意見が出ることでしょうか。

 

ではなぜ僕はこんなことを記事のはじめに書いたんでしょうか。

 

答えは至極簡単です。

 

それはズバリ、

 

自分の文章にはメッセージ性が全くないから!

 

そうコレ、コレです。

 

実際、僕が過去に書いた記事をいくつも自分自身で読み返してみましたが、正直な話、ホンッットにないんですよ、文章にメッセージっていうのが。

 

なのでこの記事ではちょっとその辺りの「記事作成に必要なメッセージ性」について書いてみようと思います。

 

まあこれはこの記事を読んでくれる読者のためというより、自分自身の文章力向上を目的にしているので、ちょっと偏った意見も出てくる記事になると思います。

 

 

1にメッセージ、2にメッセージ、何より大事なメッセージ

アフィリエイトで稼ぐために何よりも大事なこと、それは…まあいろいろありますが、しかしそんな中でもよく言われることは、「ターゲットを明確にすること」と「目的を明確にすること」なんですね。

 

コレはつまり、「『誰に』『何を』伝えるのか」をはっきりさせるということで、これを一言でいうと「メッセージをはっきりさせること」となるわけなんですね。

 

メッセージ性は記事にはもちろん、SEOやブログ運営そのものにも必要な要素なんで、アフィリエイトで稼ぐ・ブログで稼ぐと考える場合は、まず何を伝えたいのか、そのメッセージを明確にしないといけないんですね。

 

 

メッセージがはっきりすれば読者の感動も大きくなる

例えば「PS4でオススメのゲームソフト」というテーマで記事を書くことを考えてみましょう。

 

そうすると、まずこんなテーマではその範囲が広すぎてメッセージ性が弱くなってしまうことはすぐにわかりますよね。

 

そして、メッセージ性が弱いということは読んで欲しいと思っているターゲット読者の心も動かせないということでもありますよね。

 

もし、「PS4のソフトでFPSジャンルのオススメが知りたい」と思っている読者がいたとすると、この読者に対しては上のような漠然としたテーマは響かなくなってしまうんです。

 

なのでメッセージ、あるいは記事で伝えたいことは、よりはっきりと確実なものの方が読者へ影響を与えやすいんですね。

 

 

ここまで書いてみて…

やっぱりダメだ。

 

自分で書いていて思います。

 

記事に方向性がない、伝えたいメッセージがない。

 

もしここまで読んでくれている読者の方がおられましたら、本当にすみません。

 

僕はこの記事を完成させる前に力尽きてしまいました。

 

でも、ここまで書いてきたおかげて記事作成、特に今回のテーマ「メッセージ性」について1つ思いついたことがありました。

 

なので、ここまで根気よく読んでくれた読者の皆さんには、せめてもの報いとしてそれをお伝えしてこの記事は終えようと思います。

 

その思いついたこととは、

 

記事は書き出す前が一番大事

 

ということ。

 

記事のメッセージ・方向性あるいは「質」は、書く前の準備でほぼ決まるかもしれない。

アフィリエイト実践日記2018年1月17日

おはようございます。

 

昨日は久々に高校時代の友人に会うという用事を済ませていたことで、アフィリエイトの作業をほぼ全く進めることができませんでした。

 

(いや別に、友人のせいにしているわけではありませんけどね^^)

 

まあそういうことなので、今日からはまた平常通りアフィリエイトに取り組んでいきたいと思います。

 

 

今年の目標

2018年12月31日までにアフィリエイトで月30万円を安定して稼ぐ

 

 

今日の目標

悩み分析を進める(読むだけ)

 

 

今日の目標への評価

 「分析を進める」って今思うとなんだか漠然とした目標設定だなと思いますね(笑)

 

 

まとめ

記事のメッセージ性、僕の記事にはこのメッセージ性がほとんどありません。

 

なぜわかるのか、簡単です。

 

文章に全くまとまりがないんですよ。

 

「友人がアフィリエイト批判を始めた」と書いたと思ったら、「友人のアフィリエイト批判には穴がある」と書いてみたり。

 

はたまた、同じ記事中で「アフィリエイトはこういうものだ」とアフィリエイトについて熱弁してみたり、全く記事自体にメッセージ性や方向性がないんですよね。

 

もし仮に上の記事が

 

アフィリエイト経験者兼、挫折者な友人の話から考えるアフィリエイトを安易な気持ちで始めてはいけない理由」

 

みたいなテーマの記事だったらもっと読みやすく読者からの反応もあるのかもしれません。

 

まあ、文章にメッセージを持たせるとかそういったスキルは一朝一夕で手にできるものではありませんので、ここで落ち込んだところで意味ないんですけどね。

 

しかしまあ一つ思うことは、

 

「記事を書くときはその前の準備をしっかりしないといい記事は作れない」

 

ということですね。

 

メッセージ性とか記事の方向性とかテーマとか、あるいは読者にとってほしい行動などはすべて記事を書く前に決めておかないといけないんですね。

 

じゃないと、いざぶっつけ本番で記事を書いてもまず思うような記事は書けませんから。

 

なので、僕はこれから記事を書く前は10分でも5分でも時間をとって「何を書くか」「誰に書くか」を最低限決めてから記事作成にあたりたいと思います。

 

そうすることで始めはうまくいかなくても、続けて行くことで文章そのものにも変化が出てくると思いますので。

 

ということで今日はここまで…、あ、記事を書いたんでした。

 

もしよかったら読んでください^^

 

ac-01.hatenablog.com

 

アフィリエイトは間違った方法で始めると早々に絶望するらしい

今日、久々に高校時代の友人に会いました(用事というのはコレのことです)

 

はじめは近況報告などたわい無い話をしていたのですが、話はどんどんと現実的な特に「お金」に関する話になっていったんですね。

 

その時に友人の口から出てきた言葉が「アフィリエイト」だったんです。

 

僕は正直、「お!こんなところにも仲間が!?」と半分喜びました。

 

アフィリエイトって正直、孤独との戦いみたいなところがあるので、近くに同じ境遇の、しかも元クラスメートがいるとなれば精神的に強い味方になるじゃないですか。

 

なので僕も、その友人がアフィリエイトの話を終えたら自分もアフィリエイトやっていることを打ち明けよう、そしてお互い鼓舞し合おうと思ったわけですよ。

 

しかし、友人がアフィリエイトについて語った内容はそんな勇気の出るようなものではありませんでした。

 

アフィリエイトは稼げない。どころか見えない相手に嘘をついて商売を仕掛ける極めて印象の悪いビジネスだ」

 

友人はそういったわけです。

 

いや、正確にいうとこんなに辛辣な言葉でアフィリエイトを罵っていたわけではありませんよ、もっと柔らかな言葉を使って、罵っていました(笑)

 

僕はその友人の言葉を聞いて「あ、話すのやめておこう」瞬間的にそう思ったんですね。

 

そんな僕の心境などおかまいなしに友人はアフィリエイト批判?を続けました。

 

  • 全部一人でしないといけないから手間がかかりすぎる
  • 使ってもない商品を勧めるから印象が悪い
  • 常に記事を書き続けないと稼げないから費用対効果がめちゃくちゃ低い

 

僕は落胆しました、しまくりました。

 

だって自分が今懸命にそれで(アフィリエイトで)稼ごうとして頑張ってるんですよ。

 

それをその横に立って「無理無理。どう考えても稼げないよ」と言われているわけですからね、そりゃ落ち込みますよ。

 

しかも、もとクラスメートに。

 

アフィリエイトっていうのは確かに、自分で何でもかんでもしなきゃいけないのですごい手間はかかりますし、使ったこともない商品でも嘘をついて売ろうと思えば簡単にできます。

 

なので、そんな批判を隣で聞かされていた僕はどんどん辛くなってきてしまったんですよね。

 

しかしアフィリエイトやブログで稼ぐをテーマにした本を何冊も読んで、実際にこうやって曲がりなりにも真っ当に稼ごうとしている僕からすると、友人の言っている事というのはどれもこれも本質からかけ離れた批判のようにも思えてしまたんですね。

 

アフィリエイトで大事なのは口コミ、生の体験談です。

 

つまり使ったこともない商品を嘘をついて紹介するなんていうのはもっての外なんですよね。

 

それに記事を書き続けないといけないというのも、トレンドアフィリエイトSNSアフィリエイトならそうかもしれませんが、ブログでのノウハウ系ならストックさえできれば記事更新はしなくてもよくなります。

 

全部自分で…というのに関しても、確かにはじめはそうかもしれませんが慣れればどうということもない作業になります。

 

友人には悪いですが、友人が取り組んでいたアフィリエイト「と呼ばれるもの」は実際には全くアフィリエイトの本質を理解していないまがい物だったのではないかなと思うんですね。

 

まあ友人は友人で、そういう結果に至ったことで大学を卒業した今では、本業とは別に新しい(アフィリエイトではない)収入源を持てているそうなので、結果オーライではありますけどね。

 

ということで、まあ結局何が言いたかったのかというと、アフィリエイトの始め方を間違うと結果は出ないわ、やる気は削がれるわ、時間は無駄にするわでいいことない。

 

だから、アフィリエイトを始めるなら情報商材は買わないまでも一冊アフィリエイト関連本を買って正しい知識を得てから始めた方が絶対いいですよ、ということです(笑)

アフィリエイト実践日記2018年1月16日

自分が書いた記事を読み返してみると、まあなんとも下手くそな文章が延々と続く記事だなと思ってしまいますね。

 

しかもこんな記事でもアクセスが上がっているということは、こんな駄文でも読んでくれている人がいるということなので、なんともありがたいことだとも思いますよね。

 

しかし、正直なところをいうと、できればこんな駄文を読んで欲しくはないというのが個人的な思いなんです。

 

なぜなら単純に恥ずかしいから(笑)

 

文章がキレイなら別に読まれたってなんとも思いません、いやむしろ「もっと読んで!」という気持ちのほうを強く持つようにもなるかもしれません。

 

でも文章が下手だという自覚があると、もっと読んで!どころか読まれることを気にしないという気持ちさえも持つのは難しいと思うんですよね。

 

「ブログで稼ぎたい」けど「自分が書いた文章は見られたくない」こういう気持ちが今現在僕の中で渦巻いているんです。

 

これ、考え方によっては結構なストレスになるんですよ。

 

と、まあ今回は珍しく愚痴?じゃないけどそんな感じの冒頭にしてみました。

 

あ、ちなみにですが今日は”ちょっとした大事な”用事があるのでいまやっているアフィリエイトの作業「悩み分析」ができません。

 

なので、今日に関してはちょっと設定する目標を変えてみようと思います。

 

ということで以下、いつも通りの「目標設定&評価&まとめ」です。

 

 

長期目標

2018年12月31日までにアフィリエイトで月30万円を安定して稼ぐ

 

 

今日の目標

書店で、Webマーケティングの入門書を買う。

 

 

今日の目標への評価

買ってきた!

ということで目標達成。 

 

 

まとめ

目標では「”Web”マーケティングの入門書を買ってくる」となっていましたが、買ってきたのは「マーケティングの入門書」です。

 

いや、行ってきた書店は結構大きいところだったので、Web関連のマーケティング本くらい何十冊とあるだろうと思っていたんですが、いざ探してみるとたった5、6冊くらいしかなかったんですよね。

 

しかも僕は、ある程度欲しい本の目星はつけていたので、それ以外のWebマーケ本を読むつもりがハナからなかったんですね。

 

なので、その本が書店の棚に並んでいないことに気づいた段階で、正直「買うのやめようかな〜」とちょこっと思ってしまったんですよ。

 

でもまあ、この日記の今日の目標の欄には「書店で」という文字が書いてあったので、仕方なく本を一冊選ぶことにしたんです。

 

そして選んだのが『ドリルを売るなら穴を売れ』という本でした。

 

本の内容はまた追って紹介していきたいと思いますが、正直この本「ザ・入門書」みたいな典型的な入門書だと僕の目にはうつるんです。

 

なぜなら、まさに僕が知りたいと思っていたことが超簡単でわかりやすい説明文で開設されているから。

 

マーケティングってそもそも何?」とか「ベネフィットって何?」みたいな初歩の初歩から教えてくれるのがこの本なんですよね。

 

なので、ある意味Webマーケティングじゃなくてこっち選んでて正解だったなと今になって思っています。

 

まあということで、とりあえず今日は「本買ったドオオオォォ!」という内容のまとめでした。

 

それと一応今日あった幼児の一件も記事にしていますので、もしよかったら読んでください^^

 

ac-01.hatenablog.com