野原しんのすけの2代目声優、小林由美子さんの声を聞いて思ったこと

今日18年7月6日は、アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公野原しんのすけの声優が変わって初めてその声がテレビでお披露目される日ですね。

 

僕自身はアニメをそこそこ見る方ですし、それこそクレヨンしんちゃんなんて昔っから見て楽しませてもらってきたアニメです。

 

できればしんちゃんの声が変わっても、楽しく見続けたいなとは思っていますが、アニメ「ドラえもん」の声優一新やクレヨンしんちゃんで先んじて声優が変わった野原ひろし役の声のことを考えると、やっぱりキャラクターの声変わりってそれだけで結構なショックを受けるんですよね。

 

ということで、今回はアニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公野原しんのすけの2代目声優、小林由美子さんのしんのすけについて個人的に思ったことを書いてみたいとおもいます。

 

 

正直な感想

もう初めから正直に言ってしまいましょうか。

 

声優の小林由美子さんについての情報(出演作品など)はもうどこかのブログやサイトでたくさん出ていることでしょうから、ここでは「しんちゃんの演技」についてだけお話ししたいと思います。

 

では早速ですが、僕自身の感想としては

 

「思っていた以上に違和感はなかった」

 

というのが正直なことろです。

 

というのも、僕はしんちゃんの初代声優である矢島晶子さんの、あのなんとも言えないねっとりとした喋り方が好きでクレしんを見続けていた部分があったんですよ。

 

で、正直このねっとりした声ってあの矢島晶子さんにしか出せないものだと思っていたので、しんちゃんの声優を降りると知ったときには、めちゃくちゃショックだったんですよね。

 

 

小林由美子さんへの印象

一方で、声優の小林由美子さんに関しては僕自身もよく楽しんで見ているアニメ「鬼灯の冷徹」でシロという犬役で出演していることは知っていたので、声の感じや演技のくせみたいな物も素人なりにはわかっていたんです。

 

小林由美子さんの声、僕はこの方の声や演じるキャラクターなんかを見てなんとなくですが「バカっぽいけど底抜けに明るいキャラクター」に合いそうな声だなと思って聞いていたんですよ。

 

なので、しんちゃんに関しても表面的なキャラクター設定で言えば「バカっぽいけど底抜けに明るいキャラクター」ということでマッチはしているなと。

 

なので、僕の感想では「思った以上に違和感はなかった」というのが正直なところなんですよね。

 

 

でもやっぱり…

まあでも、「やっぱり…」と言いたくなるのもまた事実で、「思った以上に違和感はなかった」とはいうものの、やっぱりしんちゃん特有のあの粘着質な声には劣るな、というのが、もう一つの僕の率直な感想なんです。

 

まあ流石にこんなところまで要求してたんでは、「クレヨンしんちゃん」なんて楽しめなくなってしまいますし、それに本当に断腸の思いで降板された矢島さんや人気長寿アニメの主人公を演じるプレッシャーを一手に引き受けている小林さんのことを考えると、こんなことは本来なら口が裂けても言えないことなんですよね。

 

もっと言えば、これまで精一杯演じて来られた矢島さんに感謝をしつつ、しんちゃんの声に新たに抜擢された小林さんに頑張ってくださいと応援するのが、当然の礼儀なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

とまあ、そんな感じで小林由美子さんのしんちゃんの演技というよりかは、それを見て僕自身がどう思ったか、みたいなめちゃくちゃ主観的な内容になってしまいました。

 

しかし、それでももう一つ加えて最後に言わせてください。

 

初代しんちゃん役の矢島晶子さん、これまで本当に野原しんのすけ役を演じてきてくださってありがとうございました。これからはまた、他のアニメ作品や映画吹き替えなどでその声が聞けることを楽しみにしています。

 

そして、

 

人気長寿アニメの主人公の声を任され、おそらくはプレッシャーでいっぱいいっぱいになっているであろう小林由美子さん、これからのクレヨンしんちゃんを本当によろしくお願いします。