アフィリエイトで本質的に大切なことを僕なりに考えてみた

僕は最近、アフィリエイトについてこう考えることが多くなっていることに気づきました。

 

「どうやったら狙ったキーワードで上位表示できるのか」

「どうやったら購買意欲の高いキーワードを見つけられるのか」

「どうやったら商品が売れる記事を書けるのか」

 

つまりは、「どうやったら稼げるのか」この一点をいろんな角度から考えていたわけです。

 

だからこういう考え方をしている時の僕って、僕自身疲れてるようにも感じてたんですよね。

 

しかし、普段の僕の性格というのはむしろこの逆で、自分の利なんて考えず「もっと人のために」「もっと人が喜んでくれるように」と心底から持って仕事ができる人間なんですよ。

 

で実際の話、こうやって心底から貢献したいと思って仕事やその他のことに力を使っていると、やっぱり評価してもらえたり感謝してもらえたりすることがとても多いんですよね。

 

まあこれがアフィリエイトで稼ぐ上での本質かどうかは正直わかりませんが、しかし僕にとってはこの「人の役に立ちたい」という気持ちは、アフィリエイトではなくてはならないものだと思うんです。

 

そうでなければ、常に稼ぎたいという欲求だけでアフィリエイトに取り組んでいるといつかは、心が病んでいくと思うんですよ。

 

これはあくまで僕の中でのイメージですが、「稼ぐ」には「競争」の要素が含まれていると思うんです。

 

だからこそ「稼ぐ」一辺倒な考え方では、常に競争を意識し続ける必要があるために疲れてしまうと思うんですよ。

 

でもアフィリエイトで稼ぎたいと思っている人って、現実社会でのそういう競争が嫌だからアフィリエイトで稼ごうとしているんだと思うんですね。

 

だとするなら、ここでは少なくと競争のことは忘れて「どれだけ人の役に立てるか」「どれだけ人に喜んでもらえるか」こういう貢献の心を持って取り組んだ方が、精神衛生的にいいと思うんですよ。

 

で、スピリチュアルな話にするつもりはありませんが、やっぱり人の役に立ちたいっていう気持ちで取り組んでいれば、それが返ってくるとも思うんですよ。

 

僕も現実に、家族の役に立とう、職場の人の役に立とう、近所のおじいちゃんおばあちゃんの役に立とうと思って行動を続けていると、やっぱりそれは返ってくるような感じがするんですよ。

 

だから、何度も繰り返しますが、アフィリエイトにおいても「稼ぐ」一辺倒な考えではなく、「貢献」を行動の中心に置いておくはとても重要だと思います。